2017年11月17日

システム構成 E調整について

今日は調整についてです。

調整といっても機材により様々な方法があると思いますがごく一般的なものをご説明します。

クロスオーバー
簡単に言いかえますとユニット(スピーカー)ごとの音の出る周波数の役割分担させるというものです。
このカットオフ周波数を調整するということです。またこの際スロープというものを設定できるプロセッサーがありますがこちらはカットオフ周波数から上の周波数(または下)を減衰させる特性といいましょうか。むつかしくなりますがカットオフ1000kHz -12dbで設定した場合1オクターブ下(500Hz)の音量が1/4になるということです。-12-12でクロスさせると1/4のところで重なるという感じです。うまく書けなくてすみません(''ω'')ノ
肩特性というのもありますが(リンクウィッツとかベッセルとか)はこのカットオフ付近の落ち方がなで肩になるかいかり肩になるかといったことです。
またこれら肩特性に関しては変更できる機材も限られます。カロXやサウンドナビではできません、後付けのプロセッサーでは変更できるものが多いです。
helix_dsp_pro_mk2.jpg

後付けプロセッサーDSP-PRO MK2 こちらは上記に付け加えて位相角も変更できます

タイムアライメント
こちらは各ユニットから聴く方の耳までの距離の補正をするものです。つまり同時に音が出ていたユニットをクロスオーバーで分けた帯域ごとにタイミングをずらして耳に届くタイミングを調整するためのものです。
遅延時間は0.01msつまり1/100000刻みだったりとかなり細かくできるものもあります。

イコライザー
こちらはパラメトリックイコライザーやグラフィックイコライザーなどが主なタイプですが、基本は増幅減衰させることで位相のねじれを感じることもありあまり多用しない方が良いとされているようです。自分が調整するときは希望がないかぎりなるべく入れないようにしています。

これ等の機能をすべて使いこなして調整を行うのですが調整には非常に時間がかかりユニットの取り付けなどの物理的な要素がかなり影響します。ユニットの取付がきちんとできていればイコライザーで0.25db上げるだけでも変化がわかりますがユニットが適度なダンピング調整になっていないなど物理的な条件を整えてからでないと思うように動かないのも事実です。デットニングは基本として排圧の処理、分散、拡散、吸音なども重要となります。

手順
最後に簡単に手順として記入してみますが
@リファレンスとするシステムを聞き込み正常な音を記憶する
A各ユニットの仕様を考えてクロスオーバーでカットオフ周波数の設定範囲を決定し設定する
B実測にて各ユニットから耳までの距離を設定する
C各ユニットのレベル差を調整する
Dセンター位置を決めタイムアライメントの微調整
E位相角が変えられるのであれば聴いて調整
F音像の高さを聴いて調整
GC〜Fを繰り返し調整

というのが自分のやり方となってます。

最後まで超〜簡単に書きましたが何んとなーく伝わりましたでしょうか?ご希望があればまた掲載しますが一応基本的なところの説明でした。記憶の中の覚書で書いたのでうっすら間違いなどもあるかもしれませんが( *´艸`)
また調整方法など日々変化していますのでデモカー聴いて確認してみてくださいね。
posted by PRIVATE-GARAGE at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | システム・解説等

2017年11月16日

morel 38th LIMITED EDITION

IMG_4066.JPG



デモカーにmorel 38th LIMITED EDITIONの取付してみました(о´∀`о)

少しだけ向きも変えてみたのですがなかなかいい感じで鳴ってます。

しばらく調整繰り返しますがご来店の際はぜひ聴いてみて下さいな(*´Д`*)
posted by PRIVATE-GARAGE at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2017年11月12日

久々ですが

久々に更新と思いきや今日の営業時間のご連絡です(о´∀`о)

本日の営業は15:00までとさせていただきます

最近は更新はインスタとフェイスブックがほとんどになっちゃってますがこちらも時々更新しますね(*´Д`*)
posted by PRIVATE-GARAGE at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

今日はコーディング

image1.jpeg


今日はBMWのコーディングしてました(*´Д`*)

デモカーもやってるんですが今日したのは今の3シリーズなのでお店のと違っててユニット名称が違ってたりして少し戸惑いましたがご指定の機能を設定しました(о´∀`о)

BMWってこれで車に個性持たせられるから面白いですね(*´Д`*)

明日11/8はお休みさせていただきます(о´∀`о)
posted by PRIVATE-GARAGE at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月31日

ダイアトーン

image1.jpegimage2.jpeg




今日はダイアトーンの新製品の案内が来られてました

サウンドナビとG300です〜(о´∀`о)

アンプがデジタルだったせいか少しさっぱりした音でしたが聴きやすく良さげなスピーカーでした

サウンドナビは8インチの300プレミがかなり音質アップしてるようです。
200の変更はマイナーチェンジみたいでした(*´Д`*)
posted by PRIVATE-GARAGE at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

10/31の時点で

10/31の時点でドライブレコーダーの在庫欠品が相次いでおり当店の在庫もST3000とST1500とS10が各1台のみとなってますので年内取付希望の方はお早めにお願いします( *´艸`)
今バックオーダーで来年になりそうな感じです。
posted by PRIVATE-GARAGE at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月29日

明日 10/30は

明日 10/30はお休みとさせていただきます。
posted by PRIVATE-GARAGE at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お休みのご連絡

システム構成 Dスピーカー

今日はスピーカーについてです。

スピーカーって1万円くらいから100万円くらいするものまでピンからキリまでありますが今回もザクっと浅いところまで説明します。

まずユニット名称について

主にツィーター スコーカー(ミッド) ウーファー(ミッドバス) サブウーファーと呼ばれるものがあります。(その他呼び方あるかもしれませんが一応これで)左から高域〜中域〜低域の並びに書いています。

次にタイプです
コアキシャル
c.jpg

同軸タイプといわれるもので見た目はスピーカーの中心付近にツィーターが取り付けられているものです。ツィーターの取り付け場所がいらずスペース的に制約が少なく低域と高域を出すユニットの時間軸上のズレが少ないメリットがあります。ただし車両につける場合高域に関しては指向性が強い性質上左右でのバランスがとりにくいデメリットがあります。

セパレートタイプ
s.jpg

ツィーターとウーファーが別体になっているタイプです。メリットは高域も聞き取りやすい向きや位置に設置しやすい点です。デメリットはツィーター設置にスペースが必要なこととインストール加工の費用が掛かること時間軸上のズレの補正が必要なことです。デジタルアライメントなど使う場合はズレに関しては補正することができる可能性があります。

スピーカーは材質などによる音色の違いや再生可能周波数の違いなど様々な違いがありますが好みに合ったものを使用するのがいいと思います。ただしきちんとした取付とバッフルの材質、ドアでのエンクロージャーの作り方や内部の構造などでも出てくる音に違いが出ますので一度聴いてこのスピーカーはこんな音という風にはいかないのが不思議なところです。

基本高価なものが特性が良い物とされますがこのインストール時の材質やデットニングの方法や構造により音の出方が変わりますので最も取付に気を遣う機材だと思います。

簡単に今日も書きましたが何かスピーカー選択のお役に立ちましたらいいのですが(''ω'')ノ
次回は調整について浅ーく書いてみます。
良かったらまた読んでくださいね。
posted by PRIVATE-GARAGE at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | システム・解説等

2017年10月21日

今日 10/21

今日 10/21土曜日は午後よりお休みとさせていただきます(''ω'')ノ
posted by PRIVATE-GARAGE at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月17日

システム構成 CRCAケーブル スピーカーケーブル

今日は各機材を接続するケーブルについてです。

つながってるんだから何でも一緒でしょという方おられるんですが私もはじめはそう思ってましたらが実際違います。これはブラインドテストでもわかるレベルで違います。

RCAケーブル
RCAはヘッドとプロセッサーやアンプ等に接続するためのケーブルです。形はよく見るもので言うなら家庭用のレコーダーなんかに付属してる音声用の赤白の端子が両端についたケーブルのことです。

スピーカーケーブル
スピーカーケーブルはその名の通り各種パワーアンプからスピーカーまでをつなぐケーブルで材質、太さ、構造、シースなどの種類によって音色・表現に変化があります。

材質についてですがよく4Nとか7Nとかありますがこれは単純に4Nが99.99パーセント以上の純度の銅でできているという表記方法です。Nineが4つ付くから4Nという感じです。OFCというのも酸化物を含まない4N以上の高純度銅のことです。自分の主観になりますが純度が高いものほどクリアで素直な音の傾向を感じます。

rexat.png


7n-ma7000_2.jpg


acro.jpg


各種ケーブルは上記のメーカーのものをよく使います。もちろんスタンダードなものから高額なものまでたくさん種類があり聴き比べてもそれぞれ違いを感じます。

今回はケーブル類でしたが次回はスピーカーについて書こうと思いますので良かったら読んでください(''ω'')ノ
posted by PRIVATE-GARAGE at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | システム・解説等