2020年06月08日

DIYの方もコーティング参考にA

午後から磨いていくんですが、磨きを自分でやる場合やお店を選ぶ時の注意点なども少しお話しておきます。
僕のことをよくご存じの方はお分かりと思いますが、コーティングのお仕事!あんまり受けたくない仕事なんです笑笑(#^^#)

とにかくねきついの腰が。。腰痛もちなんで二台続くとしばらく痛むので。

ということでよそのお店を選ぶときに見ていただきたい所をまず書きますね( *´艸`)笑笑

(1)納車までの日数 これは手を抜かないとまず一日ではできません。3日位欲しいです。最低丸二日ね。

(2)使ってる道具の種類 ポリッシャーは最低2種類位ないと無理です(僕のところでも部分部分4種類位使い分けます)。あとポリッシャーの回転方式もシングル、ダブル、ギアアクション、ランダムetcとありますがギアやランダムでないとオーロラマークが消せないことが多いので打ち合わせ時によく観察してください。ギア、ランダムは必須です。コンパウンド、バフも最低5-6種類あるかも観察です。
オーロラマークは夕方16時頃の低い太陽光が当たった時にメラメラと光るやつです。

(3)コーティング剤 これは好みもあるので一概には言えませんがはじかなくなった=取れてしまったではないということだけ覚えてれば毎年毎年というのも避けられます。あと経験上ですがなるべくガラス瓶に入っているものを使ってるお店が良いと思います。基本、価格が安いものはそれなりということもあります。ケイ素系(ガラス)はシリコンの力がないとはじかないのも頭の片隅に( *´艸`)

(4)塗膜計を用意してあるか これ結構重要です。塗装の肌見て鈑金しているかや削って塗膜が薄いかとかの確認をしながら小傷をどこまで取るかを決めることが多いので無いとクリアを削りすぎてしまい下色が出てしまうなんてこともあります(よほどのことがないと無いと思いますが)。お店の方とあと何年乗るとかを相談するといいと思います。

今回磨く道具は程度から見て3種類
IMG_6878.JPG


ギアとランダムとシングルの小ですね。

ほぼほぼルぺスでいけると思いますが、使い慣れてるコンパクトツールも使います。

まず一回目なのでサクッと比較画像です。

IMG_6873.JPG


右が磨いていない塗装面で左が磨いた面です。

一目瞭然だと思いますが綺麗に見えていてもこんなに汚れとキズがあります。

IMG_6876.JPG


LEDの照明を当てて確認するとわかりやすいですが曇ってってイオンデポジットの跡もすごいです。

IMG_6874.JPG


LEDの乱反射も少なくなってます。クスミもなくイオンデポジットもありません。

こんな感じで塗膜を確認しながら肌質を変えないように磨いていきます。

オーロラも塗色によってはLEDで見れたと思いますが基本真正面から照らして中心の映り込みの周りにキラキラとキズが見えなければ大丈夫だと思います。

明日は最終仕上げとコーティングをご案内します( *´艸`)
posted by PRIVATE-GARAGE at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーティング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187574928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック