2017年10月17日

システム構成 CRCAケーブル スピーカーケーブル

今日は各機材を接続するケーブルについてです。

つながってるんだから何でも一緒でしょという方おられるんですが私もはじめはそう思ってましたらが実際違います。これはブラインドテストでもわかるレベルで違います。

RCAケーブル
RCAはヘッドとプロセッサーやアンプ等に接続するためのケーブルです。形はよく見るもので言うなら家庭用のレコーダーなんかに付属してる音声用の赤白の端子が両端についたケーブルのことです。

スピーカーケーブル
スピーカーケーブルはその名の通り各種パワーアンプからスピーカーまでをつなぐケーブルで材質、太さ、構造、シースなどの種類によって音色・表現に変化があります。

材質についてですがよく4Nとか7Nとかありますがこれは単純に4Nが99.99パーセント以上の純度の銅でできているという表記方法です。Nineが4つ付くから4Nという感じです。OFCというのも酸化物を含まない4N以上の高純度銅のことです。自分の主観になりますが純度が高いものほどクリアで素直な音の傾向を感じます。

rexat.png


7n-ma7000_2.jpg


acro.jpg


各種ケーブルは上記のメーカーのものをよく使います。もちろんスタンダードなものから高額なものまでたくさん種類があり聴き比べてもそれぞれ違いを感じます。

今回はケーブル類でしたが次回はスピーカーについて書こうと思いますので良かったら読んでください(''ω'')ノ
posted by PRIVATE-GARAGE at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | システム・解説等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181306620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック