2017年10月29日

明日 10/30は

明日 10/30はお休みとさせていただきます。
posted by PRIVATE-GARAGE at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お休みのご連絡

システム構成 Dスピーカー

今日はスピーカーについてです。

スピーカーって1万円くらいから100万円くらいするものまでピンからキリまでありますが今回もザクっと浅いところまで説明します。

まずユニット名称について

主にツィーター スコーカー(ミッド) ウーファー(ミッドバス) サブウーファーと呼ばれるものがあります。(その他呼び方あるかもしれませんが一応これで)左から高域〜中域〜低域の並びに書いています。

次にタイプです
コアキシャル
c.jpg

同軸タイプといわれるもので見た目はスピーカーの中心付近にツィーターが取り付けられているものです。ツィーターの取り付け場所がいらずスペース的に制約が少なく低域と高域を出すユニットの時間軸上のズレが少ないメリットがあります。ただし車両につける場合高域に関しては指向性が強い性質上左右でのバランスがとりにくいデメリットがあります。

セパレートタイプ
s.jpg

ツィーターとウーファーが別体になっているタイプです。メリットは高域も聞き取りやすい向きや位置に設置しやすい点です。デメリットはツィーター設置にスペースが必要なこととインストール加工の費用が掛かること時間軸上のズレの補正が必要なことです。デジタルアライメントなど使う場合はズレに関しては補正することができる可能性があります。

スピーカーは材質などによる音色の違いや再生可能周波数の違いなど様々な違いがありますが好みに合ったものを使用するのがいいと思います。ただしきちんとした取付とバッフルの材質、ドアでのエンクロージャーの作り方や内部の構造などでも出てくる音に違いが出ますので一度聴いてこのスピーカーはこんな音という風にはいかないのが不思議なところです。

基本高価なものが特性が良い物とされますがこのインストール時の材質やデットニングの方法や構造により音の出方が変わりますので最も取付に気を遣う機材だと思います。

簡単に今日も書きましたが何かスピーカー選択のお役に立ちましたらいいのですが(''ω'')ノ
次回は調整について浅ーく書いてみます。
良かったらまた読んでくださいね。
posted by PRIVATE-GARAGE at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | システム・解説等